The world as seen through my Eyes

5D2 10東北 八戸三社大祭/後夜祭

派手な人形山車とスケールの大きさのわりに夏の東北の祭りの中ではややマイナーかな?
同じ時期に青森を中心とする津軽各地のねぶた(ねぷた)祭りが有名すぎるってのもあるけれど。
【wiki的説明:毎年7月31日から8月4日に青森県八戸市で行われる祭。
7月31日が前夜祭、1日が「お通り」、2日が「中日」、3日が「お還り」、4日が後夜祭。
「三社」とは、八戸市内の龗(おがみ)神社(法霊神社)・長者山新羅神社・神明宮のことで、
三社の神輿行列と市内各町を中心とした組の20数台の華麗な人形山車が神社の氏子として市内を巡行する。
期間中は105万から110万人の観光客が訪れる。】

歴史的には享保6年(1791年)に八戸城下における最大の祭礼であった法霊祭礼に長者山への神輿渡御が行われ、
それに付随する祭礼行列に踊子が参加するようになった伝々・・という記録もあり、このあたりまでは遡ることができる。
★☆★
2003年に後夜祭が追加され、偶然にもその時からこの祭りと付き合えたワタシは幸運だったのだろう。
通常は流れて行く山車のパレードを眺めているしかないのだが、この夜は大通りに山車を固定してしまうため
観客は自分で移動しながら好きな山車を気の済むまで堪能(?)できるようになったのだ。
20台以上の山車がそれぞれ固有で高純度のエネルギーを発散させ、ワタシ達はそれを間近で存分に享受できる。
以降ワタシはほとんどその魅力ゆえに「8月4日の夜は八戸で!」に固執してきたのである。
★★★★★
なんと今年は「固定」ではなく「運行」になってしまった・・・これも現実だから受け入れるしかないけど・ね。
5DMKII_L EF135mm-F2L-USM
EF135mm F2.0L
 

--- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---