The world as seen through my Eyes

5D2 2010東北 愛宕社・猿岩/胆沢:10.08.02

衣川からは県道r37で北上すれば近いのだが、途中一部通行止めということで4号線側から大回りする。
水沢から横手方面へ国道R397をひたすら西へ直進し、愛宕のご町内へ入ったところでご対面。
意外と立派に整備されていてびっくりしたが、それにしてもこの円錐形岩山が醸し出す雰囲気半端じゃない。
『いったいこの岩山の中には何が眠っているのか!?』
外観は超古代史トンデモ系の観点からみれば「ピラミッド」そのものだし(だからもろに趣味なんだけど)
もうちょっと現実的に似ているものとして「富士塚」というべきか。
そもそも「昭和31年に増沢の愛宕社を合祀〜」とあるが、元からここも愛宕社でさらに増沢の愛宕社を合祀したということか?
そのあたりの事情がどうも良くわからない・・・さらに愛宕原と呼ばれた江戸時代以前は誰も住んでいなっかたという場所なのに
火防・火伏せの権現様として祀られていた理由もわからない。
どうも明治以降に取って付けた由緒のような気もするが、それは私の勝手な推測であ〜る。
不思議は大好きだが、ここまで謎だらけだとほんとに楽しすぎて困ってしまう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここからさらにR397を西へ進めば石淵ダムの対岸に「猿岩」を望むことができる。
その頂上の反対側には於呂閉志(おろへし)神社奥宮があるという。こちらにはぜひぜひ行ってみたかったが
2008年栗駒地震による土砂崩れと、胆沢ダム(別名オザワ・ダムか)工事により近づくことができない。
於呂閉志神社は謎の愛宕さまに比べると、地域の作神であり歴史的由緒は確立されているため悩む必要はなさそうだが
たどり着けなかったのが非常に残念である(オザワ・ダムが完成するとアクセスすら困難になるかも)う〜む。
5DMKII_L EF50mm-F1.4-USM
EF50mm F1.4
 

--- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---